FC2ブログ

アブソルヴェント・ジン

IMG_0579.jpg

【名称】アブソルヴェント・ジン

【容量】700ml

【度数】40度


かつてジンという酒は低所得者御用達の酒であった。

安く、飲みやすく、すぐに酔える。
最近でこそ高級化・少量生産化の波に押され高価格も増えてきているジンだが
元々は非常に安い酒だったりする。

もちろん今でもスーパーやコンビニなどで買えるジンは安価なものが多い。
ビーフィーターなどはその代表格と言えるだろう。

今回紹介するアブソルヴェント・ジンはそのビーフィーターよりもさらに安く
そしてあらゆるジンの中でも最も強い個性を持つと言っても過言ではない。
そんなジンである。


このジンの販売元はポーランドにあるポルモス・ビアリストック社というところで
あのズブロッカを作っていることで有名な会社だ。

ズブロッカはバイソングラスという香草を加えられたフレーバーウォッカで
ヨモギのような香りと爽やかな口当たりが評判だ。

また同じアブソルヴェントという銘柄のウォッカも作っていて
そちらは至極まっとうな癖のないウォッカだったりする。

そのためウォッカに関しては高い評価を得ており
ジン作りに関してもそう心配なさそうに思える。


香りを嗅いでみると草の香りがする。
よく分からないが草なのだ。ハーブとかではない。

味の方も基本その謎の草っぽい風味に圧倒される。

だが飲みなれてくると別の一面も出てくる。
謎のフルーティな甘さだ。

多くのジンにある柑橘系の甘さではなく
もっと別のフルーティさを私は感じる。

とにかく良くも悪くも個性的な味である。

ただそれが悪いわけではない。
個性的だが破綻しているわけではなく決して不味くはない。

香草系の酒が好きな人なら気に入るかもしれない。

問題はこのジンがビーフィーターより安いこと
それによって初めてジンを飲もうという人間にも手が出しやすいということだ。

もう一度言っておくが決して不味い酒ではないと思う。

だが私はこのジンを初めて飲む人間には飲ませたくはない。
というより、これをジンのスタンダードな味だと思われたくない。

このジンはジンにある程度慣れ親しんでいて
このジンの味と他のジンの味は違うことが分かる人に飲んでほしい。

そして少量飲んだ後にうむうむと頷き
そっと戸棚に戻して欲しい。

私にとってのアブソルヴェントとはそういうジンである。


六ジン

IMG_0298.jpg

【名称】六(ロク)ジン

【容量】700ml

【度数】47度


近年、全世界で小さな蒸留所でのジン作りが活発化している。

こういったジンは今までのジンと比べてどこか尖った物が多く
また少量生産であることも多いため『クラフトジン』なんて呼ばれていたりする。

そんなクラフトジンブームの波はひそかに日本にも波及しており
大から小まで様々な蒸留所がジンを作り始めた。

そんな中でちょうど一年ほど前からあのサントリーが販売を始めたのが
この六(ロク)ジンである。


名前の六は、日本ならではの6種類のボタニカル
桜花、桜葉、煎茶、玉露、山椒、柚子を使用していることからとのこと。

これを旬の時期に収穫、素材の特長に合わせた製法で蒸溜することで
ボタニカルが持つ素材の味を最大限引き出しているらしい。

もちろんジュニパーやコリアンダーといったスタンダードなボタニカルも用いて
上記の物とブレンドしバランスを整えているそうだ。


香りは正直弱い。
桜っぽい香りと茶葉の香りがうっすらする感じ。

味はかなりまろやか。
全体的に香草系の穏やかな味わいの中に少々柑橘やお茶が混ざっている。

口当たりはいいのでジンを飲みなれていない人にはいいのではないかと思う。


あと関係ないけど酒用の棚を購入したのでバックが酒だらけになりました。
酒を見ながら飲む酒が飲める。
ああ、幸せ。
最新記事
カテゴリ
六 (1)
月別アーカイブ
ブログランキング
検索フォーム