FC2ブログ

スター・オブ・ボンベイ

IMG_1115.jpg

【スター・オブ・ボンベイ】


前々回にタンカレーのプレミアム版、タンカレーNo.10を紹介したので
今回はタンカレーと同じグレートに位置するボンベイ・サファイアのプレミアム版
スター・オブ・ボンベイを紹介していきたい。


スター・オブ・ボンベイは上記の通り
ボンベイ・サファイアのプレミアム版として販売されているジンだ。
ボンベイサ・ファイアで使用されている10種類のボタニカルに加えて
イタリア産ベルガモット(柑橘類)、エクアドル産アンブレットシード(植物の種)
の2種類を使用しているそうだ。
これら12種類のボタニカルを通常の1.5倍の時間をかけて蒸留して完成へと至る。


ボトルの方もボンベイ・サファイアと比べると高級感がアップしている。
青を基調としているボトルカラーはそのままに
よりその青さを際立たせるボトルのデザインとなっている。
キャップもスクリューキャップからコルクへと変わって個人的にはグット。
中央のエンブレムもよく似あっていて、インテリアとしても良く映える。
……こうして見るとほんとインスタ映えしそうな見た目だなあ。


香りの方はボンベイ・サファイアと比べて
全体的に香りそのものが強くなっているが
強いて言うなら柑橘感が強く出ている。
ベルガモットを新たに加えたおかげだろうか。
味の方はボンベイ・サファイアよりもやや甘いと感じ。
穏やかながらボタニカルの風味もしっかり出ていて
まさにボンベイ・サファイアから正統進化を遂げたジンと言えるだろう。


近年のジンブームで様々なジンが出いるが
これだけの見た目と味を兼ね備えたジンはそうそうない。
ボンベイ・サファイアが好きな方には是非飲んでいただきたいものだ。


ボンベイ・サファイア

IMG_1002.jpg

【ボンベイ・サファイア】

【容量】750ml

【度数】47度

ジンについて、いや洋酒について興味を持った人なら
誰もが一度は見たことがあるであろうこのボトル。
青く輝くこのボトルの美しさは数ある洋酒界の中でも
間違いなく上位に入るであろう美しさを携えている。
酒にとって味や香りといった部分ももちろん大事だが
こうしたボトルのセンスも重要なポイントと数える人間は
私を含めて少なくはないはずだ。


この青いボトルのジン、ボンベイ・サファイアは
通常のジンがボタニカルをグレーンスピリッツ(ジンの元となる無色透明の酒)に
浸し成分を溶出させて作るのに対して
グレーンスピリッツを蒸発させてボタニカルの入った容器に通過させてやることで
雑味のないボタニカルの風味だけを抽出することに成功した、らしい。
作り手はこの製造方法をヴェイパー・インフュージョン製法と呼んでいるそうな。
正直よく分からんがすごそうだ。


グラスに注いで軽く嗅いでみると今まで紹介したジンと比べて
明らかに香りが強いと分かる。
柑橘系と香草系が入り混じっていて、花っぽい香りもする。
ジュニパーの香りもするがそれ以外の香りが強くてよく分からなくなってくる。
とにかく華やかな香りという表現をしておけば間違いないだろう。
味の方もかなり違う。おそらく香りのせいだが私には甘く感じる。
香りで感じたように柑橘と香草が混合した複雑な味がする。
ジュニパーはやや薄めでほかのボタニカルの方が主張は強い。
そして喉を通った後も鼻に香りが抜けて行く。
正直人を選ぶジンだとは思う。この香りが苦手な人には辛かろう。
逆にハマる人はとことんハマるかもしれない。
まあジン自体ハマる人はとことんハマるものだが。


飲み終わった後もインテリアとして飾れそうなこのボトル。
興味のある方はぜひお試しを。


最新記事
カテゴリ
六 (1)
月別アーカイブ
ブログランキング
検索フォーム