FC2ブログ

ヘンドリックス・ジン

IMG_1134.jpg

【ヘンドリックス・ジン】

【容量】700ml

【度数】44度


この世の中には様々なジンがあり
それに合わせた飲み方もまた多様にある。
しかしながらこのヘンドリックス・ジンのように
キュウリと合わせて飲むことをオススメしているジンとなると
あんまりないのでは無かろうか。
今回ご紹介するのはそんなジンである。


ヘンドリックス・ジンはスコットランドのウイスキーメーカー
ウイリアム・グラント&サンズ社が販売しているジンだ。
この会社が販売しているウイスキーというと
ブレンデッドウイスキーのグランツ辺りが有名だろう。


このジン製造過程は少し変わっており
まず2種類のスピリッツを作ることからスタートする。

1つは数種類のボタニカルをベネットと呼ばれる蒸留器にいれ
24時間付けてから蒸留していく。
ここでの蒸留はかなりの速さで行われるらしく
その後75%まで蒸留されたスピリッツは
非常に強い風味を持ったスピリッツになるとのこと。

もう1つはカーターヘッドと呼ばれる蒸留器で作られており
ボタニカルは直接蒸留器の中には漬け込まず
蒸留器の最上部に設置されたバスケットの中に入れられる。
その後蒸留が開始されると蒸気は
ボタニカルの入ったバスケットを通っていく。
この方法によってボタニカルの繊細な風味を
スピリッツに与えることができるらしい。
この蒸留器で作られたスピリッツは繊細でエレガントな味わいだそうな。

こうして出来た2種類のスピリッツに
バラの花びらとキュウリのエッセンスを加えて完成となる。
にしてもキュウリとバラとは、なかなか思いつかない組み合わせだ。


香りの方は非常に華やか。
ジュニパー意外だと柑橘っぽい香りがやや強いが
花っぽい香りも感じられてよい塩梅。
味の方はすっきりまとまった感じ。
やっぱり柑橘がやや強いが前面に押し出してくるほどではなく
その他の香草系ボタニカルの風味もしっかりある。
逆にキュウリやバラの味はよく分からない……。
まあキュウリはともかく、バラなんて食べたことはないのだけれど。


冒頭でも述べたように公式ではキュウリを添えて飲むことを推奨している。
おそらくズッキーニなどの洋キュウリのことだろうが
日本のキュウリでも悪くなさそうだ。


キュウリを齧りながらこのジンを飲む。
なかなか洒落た飲み方ではなかろうか。
是非お試しあれ。


最新記事
カテゴリ
六 (1)
月別アーカイブ
ブログランキング
検索フォーム